<   2010年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 参院総務委員会は20日午前、審議中の地方自治法改正案に誤りのあることが判明し、散会となった。ゴミ処理など行政サービスを複数の自治体で行うために設置する「広域連合」への直接請求を規定した291条の6で、請求代表者に公務員も就けるといった改正内容を挿入する個所の指定について、重複する表記があり、不明確になった。

 原口一博総務相は記者会見で、「正誤を示す訂正の手続きをとるべく作業を進めている。以後こういうことがないように、しっかりとチェックするよう(事務方に)言った」と述べた。

【関連記事】
「地域主権」関連3法案、参院で審議入り
地方議会改革 総務相が二元代表など見直し方針
地方行財政検討会議が初会合 財源移譲議論
公務員のリコールなど、資格制限を明確化 総務省
「法治国家にあるまじき事態」 佐藤総務相、住基ネット接続拒否で

寒さも何の ジョッキ片手にタイガース応援 大阪でビアガーデンオープン(産経新聞)
舛添新党「交付金目当て」改革ク内から反発(読売新聞)
みんなの党 名古屋リコール署名集め支援へ 渡辺代表(毎日新聞)
舛添氏、参院選目標10議席 第三極で政策一本化し選挙協力も(産経新聞)
<訃報>田嶋一彦さん88歳=田島泰彦上智大教授の父(毎日新聞)
[PR]
by rvdfzk4rcg | 2010-04-27 22:46
 21日午前6時10分頃、大阪市天王寺区生玉町の谷町筋で、大型トレーラー荷台のコンテナ(高さ4メートル)が、立体交差のトンネル手前にある高さ制限枠(鉄製、高さ3・8メートル)に衝突。

 制限枠をなぎ倒して、そのまま84メートル引きずり、中央分離帯に乗り上げて止まった。はずみで制限枠の支柱を固定していたコンクリート片(直径30センチ)が後続の乗用車に直撃、運転していた男性会社員(29)(大阪市阿倍野区)が頭の骨を折る重傷を負った。

 天王寺署の調べに、トレーラーの男性運転手(35)(堺市南区)は「コンテナの高さを把握していなかった」と供述、同署は自動車運転過失傷害容疑で調べている。

 この事故で、現場付近は一時通行止めになり、最大1・3キロ渋滞した。

鹿島槍、55歳女性が下山中に滑落死(読売新聞)
支援法違憲訴訟 大阪も和解(産経新聞)
伊丹空港旅客数、リニア開業後「半減」 関経連試算は兵庫と隔たり(産経新聞)
徳之島3町長と電話会談=普天間問題で−滝野副長官(時事通信)
78歳女性、自宅で殺害 頭に傷、バッグなくなる 山口(産経新聞)
[PR]
by rvdfzk4rcg | 2010-04-23 08:38
 鳩山由紀夫首相が明言している米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題の「5月末決着」が困難な情勢となったことに関し、16日午前の閣議後の記者会見で、各閣僚から首相を擁護する発言や、進退問題への発展を否定する声が相次いだ。
 枝野幸男行政刷新担当相は、5月末に決着できなければ首相の政治責任は避けられないとの見方があることについて、「民主党内や政府内で聞いていない」と強調。「政権交代していろいろなことを大きく変えていこうというときは、物事が順調に進まないのは当たり前だ」と首相をかばった。
 中井洽国家公安委員長も「野党は常に『首相は辞めろ』というのが仕事だから、いちいち気にしていたのでは仕事はできない」と指摘した。
 福島瑞穂消費者・少子化担当相(社民党党首)は「首相の考えに従って、できるだけ努力したい」と述べ、亀井静香金融・郵政改革担当相(国民新党代表)は「基本的なものはその時点で決まる。ベストが駄目な場合はベターの線で落ち着く」と楽観論を展開した。
 前原誠司国土交通相は「首相が5月までに決着を付けると言っているので、しっかりと支えて努力していきたい」とコメント。菅直人副総理兼財務相、千葉景子法相もそれぞれ「全力でサポートしたい」「しっかり支える」と語った。 

【関連ニュース】
税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ

地下鉄30本運休、7人転倒・搬送…春の雪(読売新聞)
不明少年が守った兄のランドセル 8カ月ぶり、15キロ下流で発見(産経新聞)
家財持ち出し口論 バットで弟を殴打 傷害容疑で兄逮捕(産経新聞)
中国潜水艦など10隻 沖縄本島沖の公海を通過(産経新聞)
エア・ドゥ機が羽田引き返し=異常表示で右エンジン停止(時事通信)
[PR]
by rvdfzk4rcg | 2010-04-20 16:30
 宮内庁は9日、同日午前に行われたお茶の水女子大付属幼稚園(東京都文京区)の入園式に出席された秋篠宮ご夫妻の長男悠仁さま(3)について、「大勢の人と大きな拍手の音で驚きになられたためか、少しお泣きになりました」などとする式での様子を発表した。
 宮内庁によると、悠仁さまは新入園児紹介で「秋篠宮悠仁さん」と呼ばれ、小さな声で「はい」と返事。式の後には園児と保護者の写真撮影が行われ、ご夫妻も参加されたという。 

23歳下の男性にストーカー容疑、63歳女逮捕(読売新聞)
中国潜水艦など10隻 沖縄本島沖の公海を通過(産経新聞)
警察署から盗み出す、高校生らオートバイ部品を(読売新聞)
山中に犬100匹の死骸遺棄 服着たまま、大半ペットか 埼玉(産経新聞)
「谷垣総裁辞めて」自民埼玉県連で厳しい声続々(読売新聞)
[PR]
by rvdfzk4rcg | 2010-04-14 15:08
 5日午後4時50分頃、佐賀県唐津市東大島町のフェリー発着場近くの海で、兄弟2人がおぼれていると唐津市消防本部に119番があった。兄弟は救助されて病院に運ばれたが、兄は死亡が確認された。弟は意識があるという。

 唐津署の発表によると、兄弟は同市八幡町、西唐津小5年有村明輝人(あきと)君(10)と、保育園児の岳朗ちゃん(4)。近所の子どもと計5人で一緒に遊んでいたところ、岳朗ちゃんが高さ約2メートルの護岸から海に転落。明輝人君とその同級生が飛び込み、助けようとしたが、同級生は救助できないと判断して護岸に上がり、近くにいた大人に助けを求めた。明輝人君は護岸に上がらずにおぼれたという。

<鳩山首相>6月訪中へ 上海万博出席、胡主席らと会談(毎日新聞)
腎臓を左右誤って摘出=小山市民病院で医療事故−栃木(時事通信)
車炎上、子供4人死亡 北海道・厚沢部町(産経新聞)
「学ぶとは、自分で考えて」=ノーベル賞小林誠氏が講演−神戸大入学式(時事通信)
マンション火災、幼児死亡=祖母と孫1人重体−川崎(時事通信)
[PR]
by rvdfzk4rcg | 2010-04-09 03:29
【河合雅司の「ちょっと待った!」】

 鳩山政権の目玉政策のひとつである高校授業料の無償化制度がスタートした。公立高校の授業料を徴収せず、私立高校生には世帯の年収に応じて年約12万〜24万円の「就学支援金」を高校側にまとめて支給するという内容だ。

 経済協力開発機構(OECD)加盟諸国の多くでは公立高校授業料を徴収しておらず、専門家からは「ようやく世界標準並みになった」という評価の声も出ている。

 だが、制度を詳細に見ていくと、国会審議でクローズアップされた朝鮮学校の取り扱いばかりでなく、無償化によって新たな「格差」が生じる可能性があるなど問題点は少なくない。ずさんな制度設計が要因で、政府はただちに見直しに着手すべきだ。

 問題点の第1は、公立と私立とで公平さを大きく欠く点だ。

 公立高校生は授業料がゼロになるのに対し、私立高生は授業料と就学支援金の差額は自己負担となる。

 私立高校については「行きたい人が行く贅沢(ぜいたく)な学校」との指摘もあるが、地域によっては生徒の公立高校志向が強く、公立に入学できず、やむなく私立高校に行くケースも少なくない。私立高に行く生徒の家庭は高所得とはかぎらない。

 つまり、裕福な家庭の子供が授業料無料の公立に入り、低所得世帯の子供が私立で授業料との差額を支払わなければならないという矛盾が生じることも十分あり得る。

 これでは、文部科学省が説明する「すべての意志ある高校生等が安心して勉学に打ち込める社会をつくる」という趣旨には合致しないだろう。

 申請手続き上の負担も、私立高校生のほうが重い。授業料を徴収しない公立は、国が地方自治体に授業料相当額を直接支給する。これに対し、私立は4月に保護者が学校に就学支援金の申請書を提出しなければならない。都道府県が認定すると、高校が支援金を代理受領する仕組みだ。

 手続きの問題点はこうした煩雑さだけではない。就学支援金は低所得者には加算されるが、課税証明書など世帯年収を確認できる書類を学校に提出することが求められる。専門家からは「個人情報の保護が大切にされる時代に、学校に所得情報を把握されることを嫌う保護者は少なくないだろう」との改善を促す意見が出ている。

 こうした公立との「格差」については、私立高校関係者からは「私立離れが加速するのでは」といった不安の声も出ている。

 第2に、所得制限をつけなかったことに伴う問題点だ。

 授業料の支払いに困っていない裕福な世帯では、無償化によって浮いた授業料分を塾代などに充て、結果的に学力の格差を広げることになりはしないかとの指摘がある。実際、塾業界では高校無償化をビジネスチャンスととらえ、新たな講座開設などの準備にかかっているところも少なくない。

 高校に納めるお金は授業料だけではない。教科書代や施設整備費、光熱水費、修学旅行などの積立金といった負担も大きい。

 限られた財源の中で「これらをすべて無償化しろ」というのは現実的ではないが、所得制限せずに授業料無償化に年間4000億円もの財源を使うのであれば、支援を本当に必要とする低所得の世帯に傾斜配分して、手厚く支援することこそが、「安心して勉学に打ち込める社会」に近づくというものだ。

 「鳩山由紀夫首相のような大金持ちの家庭の子供まで無償化することはない」といったバラマキ批判は根強い。

 さらには、高校無償化に伴って、子育て世帯がかえって負担が増えるケースもあり得る。財源確保のため、16〜18歳の子供を持つ家庭の特定扶養控除が段階的に縮小されるためだ。

 各自治体が独自に行っている授業料減免制度を利用してきた世帯は、新たな恩恵はないものの、税負担だけ増えるケースが出てくる。自治体の従来の支援策が低所得世帯向けに上乗せ支援策として役割を果たせばよいが、国の高校無償化制度導入に伴い独自支援策を見直す自治体も少なくないようだ。

 進学しなかったり、中退した場合などの世帯でも、高校生と同年代の子供を育てながら負担が増加する可能性がある。

 文科省は、救済策として給付型奨学金の創設を検討しているが、見通しは立っていない。

 なぜ、こうも問題点が多いのか。鳩山政権が、「子育て世帯への家計支援」なのか「経済的理由で高校進学が困難な生徒への教育の機会確保」なのか、政策の理念が定まらないまま法案づくりが進められたことが大きい。

 鳩山政権は高校無償化について、当初は「中学卒業までは子ども手当、高校生には高校授業料を無償化する」と、少子化対策としての意味合いと家計支援である点を強調していた。親の所得に関係なく一律支援の仕組みとしたのも、「社会全体で子育て」という鳩山政権の少子化対策の考え方に基づいた理屈だ。

 ところが、できあがった法律は「教育の機会均等」が前面に押し出され、授業料を無料にしなければ教育の機会均等が担保されないかのような議論が展開された。

 しかも、支給方法が高校側への直接支給となったため、家計支援というよりも高校への助成金といった色合いも強くなり、ますます意味合いが見えづらくなった。どの学校を対象に含め、どこを外すのかに焦点があてられたのも、学校支援を前提とした議論となったためだ。

 政府内の法案検討過程は、ほとんど明らかにされなかった。参院選前の成果としたい鳩山政権が4月支給にこだわり結論を急いだため、議論が生煮えとなったのことは否めない。

 国会は法律の付則に、施行3年後の見直し規定が盛り込んだが、ここまで問題を抱えた制度を改めるのに時間を待つ必要はない。

 鳩山政権には、高校の教育現場や高校生を抱える世帯の「生の声」によく耳を傾け、国民が求めるサービスを提供できる制度へと早急に改善することが求められている。(論説委員)

【関連記事】
高校無償化は「甘やかし」「不公平」
理念なき改革…高校無償化、見切り発車 あおりを受けた校舎老朽化対策 
無償化と子ども手当 疑問多い外国人への支援
無償化除外を批判した兵庫知事などに脅迫状
朝鮮学校の判断は夏以降に 就学支援金 国会審議で川端達夫文科相
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

霧島で降灰を確認、小規模な噴火か(読売新聞)
女性専用車両で大揉め 「反対する会」男性乗り込む(J-CASTニュース)
点検担当者2人を不起訴に=13人負傷コースター事故−福岡地検支部(時事通信)
ブレーキ優先機能搭載を要請=フロアマット起因の暴走受け−消費者庁(時事通信)
線路脇に転落、男性作業員死亡=電車の架線で感電か−東京・港(時事通信)
[PR]
by rvdfzk4rcg | 2010-04-06 02:16
 29日午前5時20分ごろ、北海道北見市留辺蘂(るべしべ)町温根湯(おんねゆ)の路上で、60〜70歳ぐらいの男性が頭から血を流して倒れているのを、新聞配達員(57)が見つけ119番した。男性は北見市内の病院に搬送されたが、頭の骨を折るなどしており、間もなく死亡が確認された。道警北見署は男性の身元確認を急ぐとともに、事件・事故の可能性もあるとみて捜査している。

 同署や道警、北見地区消防組合留辺蘂支署によると、男性は国道39号につながる路上の中央近くにうつぶせで倒れていた。頭蓋骨(ずがいこつ)骨折のほか足にはすり傷があり、耳からの出血も激しく頭部周辺には血だまりもできていた。ジーンズにジャンパー姿で、所持品はなかったが、10メートルぐらい離れた場所に男性のものとみられる靴と帽子が落ちていた。

 また、数十メートル離れた国道上には血痕のような跡があったという。近くに住む男性の行方が分かっていないことから、同署では身元の特定を進めるとともに、司法解剖して死因を調べる。

 現場はJR北見駅から西に約32キロ離れた温泉街。当時は積雪はほとんどなかったが、路面は凍結していたという。【金子淳、木村光則】

テロ、断じて許さない=平野官房長官(時事通信)
外国人初の看護師合格=経済連携協定で受け入れ−厚労省(時事通信)
山梨県発注工事で談合か=93年の摘発後も継続−公取委(時事通信)
<不正経理>公的研究費1650万円 愛知県がんセンター (毎日新聞)
羽田新駅火災 照明器具がショートし出火か(毎日新聞)
[PR]
by rvdfzk4rcg | 2010-04-01 06:57